将来性で選ぶならアイリストの求人

アイリスト、ネイリスト、エステティシャン、美容師、美容業界にはさまざまな仕事があります。

美容の流行とともに新しい職種も増え、それに行政の対応が追い付かない場面もしばしばです。

アイリストは以前は特に資格などはなくても、手先の器用な人や美容業界の経験がある人などがまつ毛のエクステ施術を行っていました。
現在では美容師資格保持者のみが、アイリストとして、まつ毛エクステの仕事の実務ができるようになっています。

まつ毛エクステサロンや、美容室やエステの一角で、アイラッシュを特殊な糊状のもので、まつ毛に貼りつけていくという施術を行うのがアイリストです。

資格は美容師資格を必要としますが、テクニックや技術を確認するには、アイリストの検定試験があり、級を上げていくことで、技術力を客観的に判断します。

アイリストの求人では、美容師資格を持っていて実務経験があり、検定を持っている人が店長候補などで給与も高く、ついで美容師資格がある未経験者が続きます。

経験といっても比較的新しい美容分野ですから、3年ほどの経験で待遇が大きく変わってくる状態です。

新しい分野だからこそ、活躍の場があり、近い将来はさらにアイリストの知名度が上がってくることが予想されるので、将来性がある仕事として魅力があります。

美容師を目指して資格を取っている人や、美容師としての経験はあるけれどブランクがあいているという人の間でも、アイリストの求人は注目を集めています。

実際に応募する場合にはどこに注意すればよいのでしょうか?
情報サイト>>「アイリスト求人の決め方」等を活用しましょう。